奇跡を見たければ、その店へ行け
これは前にも書いたことのある「王様のレストラン」のオープニングに毎回出て来る一連の「ミッシェル・サラゲッタ語録」のうちの一つです。実際にミッシェル・サラゲッタという人が語った言葉ではなく、脚本家の三谷さんの創作で、毎回のストーリーを象徴的に表す言葉が語られています。

ドラマの中では、その店とは当然舞台となるフレンチレストラン「ベル・エキップ」ですが、ここでは違います。ここは現実世界のあざみ野南、その店とは、そう、私が閉店間際によく通うあの店のことです。ここのカウンターでは、しばしば奇跡と隣り合わせに座ることができます。ま、偶然と言えばそれまでのことです。

でも、偶然と奇跡の違いは、そこから何かが生まれるかどうかです。

「よ、山田、久しぶり、元気?」

「おう、まあな。じゃ。」

これはただの偶然。

奇跡かただの偶然かは、その偶然の出会いが紡ぎ出す未来が偉大かどうかで決まります。偉大な未来に足を踏み入れて初めて、あれは奇跡だったと後から語られるのでしょう。

実は先日も、その店のカウンターで小さな偶然の出会いがありました。まだ今の段階では小さな偶然です。でもそれがきっかけで、何かが起こるかもしれません。最初は小さな出来事から。でももしかしたら徐々に大きな出来事になり、最後には偉大な未来につながる可能性を秘めた偶然です。

その店はそんな偶然に溢れているのです。少なくとも現在においては。
毎日その店で起こっている偶然から、もし本当に何か大きな未来が生まれたら、その店はいつしか奇跡の店と呼ばれることでしょう。

だから、正確には、

「奇跡のハマチを見たければ、その店へ行け」〜ミッシェル・ブルスケッタ

(注1 ミッシェル・ブルスケッタは某ピッツァ店主のペンネームです。笑)
(注2 どんな偶然だったかは、Live "M"で目撃されたし!)
(注3 出世魚はわかるよね?→特にマルターノスタッフ諸君)
[PR]
by martano | 2007-07-01 22:27 | 社長のひとりごと
<< Salus TV Style とある日の出来事 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧