ガンバレ、ニッポン!
頑張っている人たちを見ると、応援したくなります。特に海外に出て世界で頑張っている人たちですね。国を代表していようがいまいが、有名だろうが無名だろうが、どんなジャンルかも関係なく、同胞を応援したくなります。

そんな人たちが、頑張った努力と引き換えに成功や名声を手にするのは更に嬉しいです。人ごととは思えないほど嬉しかったりします。それが何故なのか考えて、ふと思ったことがあります。

まず、時々度を越しているような気がするのです。特に、国を代表しているのでも何でもなく、例えばサッカー選手のように個人として海外で頑張っているような場合でも、尋常ではない数の報道陣が集まったりして、一挙手一投足を捉えて報道しようとしますよね?

移籍した選手にして見れば、別に国のために来ているわけではないのに、国民の期待と注目を勝手に浴びせられて、あれでは時々嫌になるでしょう。報道側の論理としては、知りたがる国民がいるからで、その知りたがりが私たちですけど。

でも何ででしょうね?ご多分に漏れず、私もその視聴者日本代表なので、自分のことを考えれば理由がわかるかもしれません。国民性でしょうか?

私の結論は、もっとイヤな部分を掘り出してしまいました。それは「劣等感」です。

自分が同胞が世界で活躍することを殊の外喜ぶのは、劣等感の裏返し、つまり日本人としての誇りの持ち方を他に知らないからではないか、と思ったのです。

何故そうなったのか、については大変な議論になってしまうので敢えて書きませんが、それは例えばこういうことだと思うんです。

オリンピックなどで日本人が大活躍をしたとして、それに関して一国の首相が「感動した」などとコメントし、それがニュースとして流れたとします。もちろん、同じ同胞として彼も感動し、記者も話題にしたくなるのもわかります。でも、そんなことを公共の電波を使って流すこの何ともヌルい感じ。

その瞬間、せっかく私達が日本人として誇りを感じる少ない機会を、他人のフンドシで相撲を取るかのように横から政治家に盗まれたような感じがするのは私だけでしょうか?

私たちに必要なのは、オリンピックなど見ている閑はない、と言い放つリーダーなのではないでしょうか。
[PR]
by martano | 2006-03-20 19:30 | 社長のひとりごと
<< Anarchy in あざみ野南 マルゲリータ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧