<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
マルターノ藤が丘ファイナル
 昨日12月30日はいよいよ藤が丘店最後の営業日でした。このブログでも経緯を書いてある通り、11月のライブが最終の予定でしたが、ギタリストの梶原順さんに「最後にもう一度やろう!」とお声をかけていただき、スケジュールを調整した結果、最終営業日をファイナルライブで飾るという、いかにもマルターノらしい幕切れとなりました。まずは、今まで御来店いただいた全てのお客様、働いてくれたスタッフ、出演してくれたアーティスト、その他関わってくれた多くの方々にお礼を申し上げたいと思います。ありがとう。

 さて、ライブについては、申し上げるまでもなく、超絶のスーパーパフォーマンスでした。一本のギターからあれほどまでに様々な音、フレーズが出るのか、と思うほどに、まさに変幻自在、インテリジェンス溢れる音の数々、まさに音が楽しいと書いて音楽、そしてこれぞライブ、というものを見せていただきました。お客様にもそれは間違いなく伝わり、真実の一瞬が生まれます。だからライブはやめられない、続けていかなければいけない、と改めて思いました。

 ライブの最後に、思いがけず御挨拶させていただく機会をいただき、大したことをしゃべれていないのですが温かい拍手をいただき、自分のやってきたことが少しでも何かを生んだということが実感できました。

 正直に申し上げて、今回の藤が丘出店と退店はなかなか大変な損失を生んだことは皆様の想像に難くないでしょうし、格好つけても仕方ないので素直に認めますが、でも諸々全て含めて、差し引き大きなプラスだと思っています。失ったのはお金だけで、後は全て得られたものばかり、と言っていましたが、この日改めてそれを確信しましたね。これは次の段階に進んだだけ、後は自分の器量次第だと。

 ライブの後の出来事を写真と共に簡単にご紹介します。

 見に来てくれたシャンティが、壁に何やら書き始めます。
a0051884_23131088.jpg


 それを見ていたスタッフの娘たちがみんな書き出し、ピース。
a0051884_2315171.jpg


 全てはこのスタッフがいたからこそできたこと。
a0051884_23165544.jpg


 シャンティが書いてくれた言葉。
a0051884_23182245.jpg


[PR]
by martano | 2008-12-31 23:21 | 社長のひとりごと
年末年始の営業のお知らせ
告知が遅くなって申し訳ありません。年末年始の営業ですが、江田店は年内は12月29日まで、年始は1月3日から営業します。

藤が丘店は、年内12月30日、梶原順さんの最終ライブをもって営業終了となります。

藤が丘店について、実は次のテナントがまだ決まらず、居抜きでご興味のある方もなかなかいらっしゃらないようなので、ほぼ9割方解体の方向で進んでおります。まだまだ使える内装なのに勿体ないですね。エコロジー的にも非常に心苦しいです。今からでも物件にご興味のある方はご連絡ください。ほぼそのまま譲渡しますよ。

さて、今年もいよいよあと2週間あまりですね。お風邪など召さぬよう。
[PR]
by martano | 2008-12-14 21:20 | マルターノ新着情報
定額給付金の使い方
結局、配られることに決まったんですよね?所得制限も自治体任せなんですか?まあ、その愚策振りについては、今さら何を言っても始まりませんので、一つ建設的な意見を。

私、この定額給付金の画期的な使い方を思いついちゃったんです。画期的過ぎて(突飛過ぎて?)実現性はほぼゼロですが(笑)

あのですね、皆さん。この1万2000円をドッジボールの球だと思ってください。あなたに向けて投げつけられた、しかもそんなもんに当たるかッ!ってぐらいのヨレヨレのボール。もう、馬鹿にすんのもいい加減にしろっ!ってぐらいのヘナチョコボールです。投げたヤツに、お前馬鹿じゃないの?!と言いたくなるぐらいの。

さて、小学校の時のドッジボールを思い出してください。内野のあなたはどうします?はい、よくあるパターンです。外野にパスですか?

ちょっと待ってください。そんなんでいいんですか?まあ、確かに次の選挙で外野党にパスってものありかもしれません。でも、それじゃあ腹の虫が収まらないという方、またはあんな外野じゃどうせ同じようなヘナチョコ球しか投げられねえ、という方。今度という今度は、自分で直接投げ返しましょうよ。相手の顔面めがけて怒りの剛速球を。(どうでもいい話ですが、最近の小学校のドッジボールは顔面禁止だそうです)

え、何を言っているかわからない?(まあ、そうでしょう)

私が言いたいのはですね、この1万2000円、直接政治に使っちまいましょう、ということなんです。どこかの政党に寄附するというのもありかもしれませんが、例えば政治団体を作って、1000人からの寄附で一人の候補者と立てるとかね。とても現実的ではないのはわかっているんですが、そんな力強い変革の意志を求めてしまうんです。

こんなことを思うのは、先日の大統領選の影響です。オバマへの個人献金が話題になりましたが、ここ日本でも資金集めのパーティが行なわれているんですよ。Kalebが「今日はこれからFund Raising Partyだ」って言っていたので、「なんのFundだ?」って聞いたら、「選挙だよ」って。まさか日本でもそんなことが行なわれているとは思ってもみなかったので、その政治参加意識の高さに驚いたわけです。

もし、今、この日本で、清廉でやる気とビジョンに溢れる政治団体が、次期衆議院選を戦うために寄附を求めたら、1万2000円なんて惜しくないと私は思うわけです。それで変革が起きるなら、2兆円を投じた天下の愚策が、実は歴史を大英断だったりして。そんな夢想をね、ちょっとしてみたんですが、やっぱり無理?
[PR]
by martano | 2008-12-02 00:38 | 社長のひとりごと


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧