「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
我々はみんなつながっている
マルターノが初めてライブを行ったのはちょうど1年ぐらい前のことです。何だか、もう随分昔のような気がしますが、わずか1年前のことなんですね。相変わらずあっという間に日々が過ぎ、少し前のことが大昔に思える時間感覚は変わりません。

その時も次回出演のKalebが出てくれたのですが、ふと、その時に控え室で彼とGaryが話していたことが甦りました。ライブとは全く関係ない会話だったのですが、それは日本人の無関心さについてでした。確かこんなことを言っていたのです。「この前さ、怪我して血だらけの男が倒れていて、俺は大変だと思って駆け寄って周りを見回したんだけど、みんな素通りなんだぜ。」「そうそう、俺もさ、前こんなことがあって...」

血だらけの男とあのでっかいKalebの組み合わせは確かに声はかけにくい。その分は割り引いて考えましょう、同朋の善意ある人たちのために。でも、実は私も何度もそんな場面に出くわしていたのです。血を流して倒れている人、うずくまって血を吐いている人、目の前で原付でスリップしてひっくり返った人、車がスピンして割れた窓から半身が投げ出された人(これは首都高で目の前のトラックが、突然スピンしたから私も危ないところでした。^^;)、夜道でまともに歩けずに往生している人、その他いろいろです。その度に、私は彼らと同じことを感じていたのです。「おかしいだろ、人間として」

昔はこんなじゃなかったはずだと思うのです。少なくとも「三丁目の夕陽」の時代は。人と人とが普通に関わり、見ず知らずの人ともどこかでつながっている。そんな社会だったような気がします。それがわかっているから、あの映画がヒットしたのではないでしょうか。でも懐かしむだけではなく、なるべく多くの人にその関わりを実践し、子ども達に見せてあげて欲しいと思うのです。それが社会を変える唯一の方法ではないかと。

ほんの些細なことですが、昨日、とある喫茶店に小学5年生の息子と行きました。とても気のいいママのやっている店で、私も何度か行って顔見知りなのですが、ちょうど行った時に、彼女の娘さんとその友人が窓枠にレンガ柄のカッティングシートを貼っている最中でした。

カッティングシートと言うのは、裏に接着剤がついているシール状のシートのことです。実はこの貼り方にはコツがあって、シワが寄らないよう石鹸水を接着面に塗るのです。(江田の店の外壁の壁に、新メニューを毎回貼る時にもそうしています)

で、明らかにそのまま貼ろうとしていて苦労されていたので、「あのうー、すみません。それって石鹸水を塗ると楽に貼れますけど。」と声をかけたのです。で、結局息子放ったらかしで、私がシートを貼ることになりました。息子にしてみれば、「ああ、また始まった」みたいな感じかもしれません。でもいいんです。

その娘さんがいいことを言っていました。「すみません、せっかくの休みにお子さんといらしているのに。でもお父さんの背中を見て育てってことですよね。」...そう、君、なかなかわかってるね。さすが、あのお母さんの娘さんだ。

お母さんと言えば、そこのママさんは、必ず欲しい物や助けは、思っただけで引き寄せるんだそうです。信じますよ、それ。私もその日、引き寄せられましたもの。いるんです、そういう人。偶然なんかじゃありません。心構えが大事なんです、多分。

で、ママには感謝されましたが、とんでもありません。むしろいただいたのはこちらの方です。何かを必要としている人がいて、たまたまそれに対して何かできる自分がそこにいる、というのは、私は偶然とは考えません。それを息子に見せられたことと、自分がその役目を果たしたことで、むしろ引き寄せてくれてありがとう、なのでした。
[PR]
by martano | 2008-08-31 12:32 | 社長のひとりごと
Kaleb is back
a0051884_15241133.jpgすみません、長らくお待たせしました。大分間が開いてしまいましたが、次のライブの告知です。10月11日(土)の夜にKaleb Jamesのライブが決定しました。構成、メンバーは現在調整中で、追ってご連絡します。

実は随分前から彼とは次のライブについて話をしていたのですが、途中ノドの手術等があって、ここまで延びてしまいました。でも一度彼に完全に任せてライブをやってみたいとずっと思っていたので、あまり他の企画は積極的に考えませんでした。すみません、手が回らなかったというのもあるので、こだわり半分、怠慢半分というところでしょうか。(実はもう一つ実現したかった他の企画があるのですが、それはまたのお楽しみ)

さて、ライブの詳細等はまた後ほどお知らせしますが、間違いありません。必見です。

P.S.今、吉岡さんのブログを見たら、Kalebが9月にSMAPの東京ドームコンサートでキーボードを担当するとのことです。凄いですね。あんな大きなところの次がこんな小さい店でのプレイだなんて、何だか申し訳ない感じですが、ありがたいですね。
[PR]
by martano | 2008-08-26 15:40 | ライブ告知
江田店の臨時協業のお知らせ
9月1日から9月12日まで、江田店は緊急工事のため、臨時休業いたします。
急な話でお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

工事の内容ですが、厨房の床の張り替えになります。実は江田店の厨房は、粉が散乱するため、敢えて水を流さないドライキッチンにしていたのですが、どうやら床下の配管から水が漏れ、その湿気で床板がグニャグニャになってしまって、今にも床が落ちそうな危険な状態なのです。しばらく前から床の歪みが激しかったのですが、ここに来て更にひどくなり、試しに床に穴を空けたら水が溜まっていた、という事態に。このままだといつまで床が持つかわからないのと、被害が客席まで広がるとさらに大事になるという判断から、急遽工事を決めました。

急な工事で多分たくさんのお客様にご迷惑をおかけするということが目に見えているので、非常に申し訳ない気持ちで一杯なのですが、どうしてもやらなければならない工事なので、すみません、思い切ってやらせていただきます。

今後とも江田店をよろしくお願いいたします。
[PR]
by martano | 2008-08-22 10:21 | マルターノ新着情報
江田の駐車場
いつもマルターノをご利用いただき、誠にありがとうございます。

江田店の駐車場ですが、以前は店の前の中古車屋さんから借りて、お客様駐車場として使っていたのですが、マンション建設の伴い、6月末で駐車場がなくなっておりました。以来、店の前の3台(無理矢理セッチン詰めで、前の方が出る時に、後ろの方に動かしていただく方式で5台)しかない駐車場で、皆さんにはご迷惑をおかけして申し訳ありません。

あまり慰めにはならないのですが、つい最近、建ったばかりのマンションの裏に、コインパーキングができました。1時間300円で9台のスペースがあります。まだサービスチケット等の話はありませんが、いずれ様子を見てから交渉の余地はあるかもしれません。

それから、江田店も開店4年半が過ぎ、随分ガタが来ています。近いうちに臨時休業して工事を行う必要が出て参りましたので、スケジュールが決まり次第、別途お知らせします。

お客様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by martano | 2008-08-17 08:45 | マルターノ新着情報
オリンピックですね
いつの間にか、オリンピックが始まってました。
ガンバレ、ニッポンどころではない私は、ガンバレ、オッサン(自分)で精一杯なのですが、楽しみにしていた方も多いでしょうね。今回は時差がないからいいですね。1時間ぐらいなら寝不足にならずに済む。まあ、結果はどうあれ、真剣に競う姿は賞賛に値すると思います。

ところでチラッと開会式を見て、スゲー人数だなあ(いつもこんなだっけ?)と思ったのですが、これだけの催し物を2週間で行うって凄いですよね。参加国が200以上、参加選手だけでも約1万1千人という話ですから、もうどこで何が起きるかわかりませんよね。当然毎回全体を仕切る委員会みたいなものがあって、総責任者がいるんでしょうが、その重圧たるや想像を絶します。まあ、当然一人の能力には頼れないので、組織力なのでしょうが、オリンピック委員会のようなアドホック(一時的)組織って、何十年もやっている会社と違うでしょうから、機能させるだけでも大変だろうに、毎回よくきちんとやっているな、と感心します。想像ですが、毎回開催国に雇われるオリンピック専門アドバイザーみたいな大きなビジネスがあるんじゃなかろうか?(閑な時に調べてみよっと)

まあ、オリンピックですらこんな観点でしか見られない自分はナニ?って突っ込みもありますが、これをまた東京でやろうっていうの?
[PR]
by martano | 2008-08-10 09:54 | 社長のひとりごと
早いよ
今日になって知りました。ギタリストのハイラム・ブロックが亡くなったこと。
たまたまどこかのサイトのニュースで見てびっくりしました。まだ52才だったそうです。吉岡さんのブログをチェックしたら、さすが。すでに7/30付けで訃報として載っていました。死因等詳しいことはまだわからないようです。

私が最後に彼のライブを見たのは3年ぐらい前だったかな。ブルーノート東京でのライブでした。吉岡さんのブログにも書いてある通り、あの巨体でテーブルに飛び乗って弾いていました。スタッフが駆け寄ってテーブルを押さえるのはいつものことのようで、以前ひっくり返ったことがあるということを誰かが言っていたような気がします。(未確認)ひっくり返らなくても、壊れるだろうなあ、簡単に。(オーナー泣かせ)

以前もブログで紹介しましたが、YouTubeで見つけた面白い画像の中にも若かりしハイラムが映っている画像があります。

今だって大した年ではないのに、早過ぎますよね。いいミュージシャンにはなるべく長生きして、我々を楽しませ続けて欲しいと本当に思いますわ。長年続けなければ出て来ない味わいというのも本当にあると思うし。でも、もう仕方ないですね。"Thanks, Guitarman" としか言いようがないです。
[PR]
by martano | 2008-08-01 15:09 | 社長のひとりごと


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧