<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
面白いもん見っけ
さて、2〜3日中に詳細をアップしますが、次のライブが決まりました。5/17(土)の午後7時からいつもの2ステージ入れ替えなしです。前回、お子様連れも何人かいらっしゃったことから、今回もお子様OKにする予定ですが、小中学生はお子様料金をいただく予定です。

そんなわけで出演アーティストのライブ映像をYouTubeで見ていて、サックスプレーヤーつながりでDavid Sanbornの映像をいくつか覗いたらとても面白いものを見つけてしまいました。

Funky Stuff(YouTube)

これは多分イギリスのテレビ番組だと思うのですが、出ているミュージシャンが凄いんです。Hiram Bullock(gt), Marcus Miller(bs), Omar Hakim(ds), Pillip Saisse(key), David Sanborn(sax)というメンバーが、何と、おもちゃの楽器を使ってFunky Stuffを演奏しているんです。

マーカスが言うには、「何千通もファンレターを貰って、それは凄く嬉しいんだけど、その中に一つ気になるのがあってね、コイツが言うにはバンドの音は素晴らしいけど、一流の楽器を使ってりゃ当たり前でしょ、って言うんだ。だから何とかしたくてさ、おもちゃの楽器を持って来て、俺たち本物のミュージシャンはどんな楽器だって関係ないんだってことを証明してやりたいんだ。」って言って、本当におもちゃの電子楽器で演奏を始めるんですが、さすが今や伝説となったミュージシャンは違う。こんなもんでもしっかりとグルーブを生み出し、エンターテインしてくれるんだから。いやー、ミュージシャンっていいわ、やっぱり。

でもこれいつ頃の番組だろ?メンバー全員相当若いですよね。ハイラムなんて、こんな細い頃があったのか?!
[PR]
by martano | 2008-03-30 16:03 | 社長のひとりごと
久々のインプット
a0051884_1815285.jpg先週の上新さんのライブの時に久しぶりに音楽評論家の吉岡さんにお会いして、「来週は怒濤のライブウィーク」とおっしゃっていたので、そのうちの2つほどご一緒しました。ちなみに吉岡さんは先週の土曜から昨日まで毎日7連チャン中、しかも一日二カ所のハシゴあり、明日もコットンクラブだそうです。仕事とは言え、年間200本以上ってどんだけぇー?

さて、一本目はブルーノートでアル・マッケイ&オールスターズ。アースウィンド&ファイヤーの黄金期を支えたギタリスト、アル・マッケイ率いるバンドが、往年のアースのヒット曲をやってくれるという、まあアースではないけどそれに一番近いアースが聴けるというライブで、きっちり注文通りの楽しませ方をしてくれました。(セットリストは吉岡さんのブログにあります。)ほとんどMCもなければメンバー紹介も省略して、時間一杯ヒット曲を連発してくれて、フロアはダンスフロア状態、非常に満足度の濃い時間になりました。目の前で(実質)アースウィンド&ファイヤーが演奏してくれて踊るなんてのは、当時ディスコで踊っていた人たちにはたまらない瞬間だったのではないでしょうか?

二本目はちょっと変わったところで、昨日、六本木のMorph Tokyoで行われたイベント「スリラー発売25周年記念ナイト」に出演したブルートゥリー率いるMJ Spiritsというマイケルジャクソンのそっくりさんユニットを見に行きました。「凄いんだよ、これが」という吉岡さんの言葉に誘われる形で。

そっくりさんと言いましたが、実際に見るとそっくりさんという言葉は違っていましたね。そっくりさんと言うと姿形が似ているのが最初に来るような感じがしますが、彼らのパフォーマンスはそれよりもむしろマイケルジャクソンというエンターテーメントそのものを表現しようとしていて、その結果マイケルがそこに見えて来るという感じがしました。マイケルジャクソンという希代のエンターテーナーの本質を捉えているからこそできることでしょう。やっぱり本家本元が見たくなりましたけどね、本人は何やってんだか。

終わった後に吉岡さんとブルートゥリー本人と彼のスタッフと話す機会があったのですが、本当にマイケルが好き、マイケルリスペクトというのが体中から溢れている良い青年でした。彼は去年マイケル自身の前でパフォーマンスをして、「Excellent!」と言ってもらったそうです。その時の話をしている時とか、本当に嬉しそうでしたよ。特に吉岡さんと超ディープな話、例えばビリージーンのドラムソロの60小節以上のバージョンがあるの知ってる?(普通数えません、吉岡さん)とか、非常に盛り上がってました。さすがのブルートゥリーも、Badツアーだったかな、その時の日本公演全部見たって言う吉岡さんには呆気に取られてましたけどね。全部って...。

いろんなことをやっている人がいて、そういったものや人に出会えるってのは嬉しいですね。またどこかでつながることがあるでしょう。

そういや、アル・マッケイのアンコールで登場したドラマーの沼澤尚さん。当然吉岡さんはよくご存知で、終わった後にお話しされてましたが、たまたま電話があって当日空いていたので参加したとのことです。オールスターズのオリジナルのメンバーで、日本の第一人者のドラマーの方です。ん?最近どこかで名前をお見かけしたなと思って、帰ってから、あ、そうだ、と梶原さんのアルバムを見たら、やっぱり。クレジットされてました。一流ミュージシャンはみんな知り合いなのね、やっぱり。
[PR]
by martano | 2008-03-22 19:38 | 社長のひとりごと
メニュー変更とライブ
まず、先々週から春メニューになっていたのですが、ホームページの更新が滞っていてすみませんでした。とりあえずメニューのPDF版をアップしましたので、もしよかったらご覧ください。普段はテキストと写真でアップしていたのですが、こちらの方が見やすくて綺麗、かつ手間がかからないので今回からこのパターンで。

メニューページから両店とも見られます。

さて、次に先日15日に行われたライブについてです。
まずアンケートの結果を見る限り、非常に満足度は高かったようです。今回はいつもよりアーティストについているお客様比率が高かったせいもあるでしょうが、それを割り引いても評価していただけたようです。音楽評論家の吉岡さんもおっしゃっていましたが、まずギターの音がいいねえと。今回は梶原さん自前のPA持ち込みで、オペーレーションも梶原さんがご自分の脇にミキサーを置いて操作していたのですが、さすがにギタリストのギタリストによるギタリストのためのPAです。容量は小さめでしたが、素晴らしい音を作られていました。朝オープン前に1時間ぐらい音作りをされてましたもの。

ボーカルの上新さんも非常に心地のいい声の持ち主でした。歌ももちろん上手いし、なにより言葉を大切にしているところがよかったですね。伝わる唄でした。MCも上手で、笑いをとりながら和やかに進行した感じです。天気の良い午後スタートだったので、次第に暗くなっていく移り変わりや会場のお客様の雰囲気など、上新さんにも気に入っていただけたようで、是非またやりたいとおっしゃっていただけました。

あ、そうだ。上新さん、Kalebのチラシを見て、「あ、Kalebもここでやってるんだ」ですって。彼がBkozでメジャーデビューを飾った頃、Kalebにバックを務めてもらっていたそうです。それからSoul Searchinにも出ている神野ゆりさんとは10年来のおつき合いだそうで、またこんなところでもつながりが。最近世の中狭いんちゃう?
[PR]
by martano | 2008-03-20 09:49 | マルターノ新着情報
メニュー変更しました
すみません、ご報告が遅れましたが、今週の木、金で両店ともメニュー変更をいたしました。まだ内容も写真もアップしていないのですが、なるべく早いうちに更新したいと思います。今週は体調もあまり良くない中、写真撮影、デザイン、印刷、レジ変更が全て2店舗分と、最後のトドメが昨日一日江田でピッツァ焼きだったので、まだ更新どころではありません。これからさらに店外のメニューシートのデザインと出力、簡単なパンフレットの制作があり、一旦本業に戻ります。ホームページ更新はその後かも。

実は最近、本業の方が慌ただしくなって来ていて、今まではあまり力も入らず脱力惰性系だったのが、ふとしたきっかけで大きく転換する可能性が出て来てしまいました。まだはっきりしない部分もあるので何も言えませんが、いずれはっきりしたら書きたいと思います。基本的には良いことなのですが、IT部門と飲食部門が両方おろそかにならないよう気をつけます。

さて、昨日は実に久しぶりに一日ピッツァヨーロだったのですが、こうして書くと何だかタスキをかけた一日ナントカ署長みたいで弱々な感じですが腕は決して衰えてはいません。久しぶりに楽しく焼かせていただきました。しかもちょっとした出会いのおまけつき。

いや、もしかしたら「ちょっとした」では済まないほどの出会いだったのかもしれませんが、それはまた今後の展開次第、別のお話といたしましょう。

何だか意味深な感じで終わりますが、最近の私の引き寄せパワーは尋常じゃないものがあるので、こうした出会いがいずれきちんと一つの形にまとまり、数奇な偶然の産物がどんなものを生んだかをお話しできると思っています。それまではすみません、少々お待ちください。
[PR]
by martano | 2008-03-09 02:06 | マルターノ新着情報
エビ売れか?
以前、えびフィレオのポスターでエビちゃんを初めて見た時、「誰アレ?可愛いじゃん」と何気なく小学生の息子に言ったら、「何言ってんの!」と怒られたのはいつのことだったか。息子よ、まだハンターとしての本能が目覚めたいないようだな。(当たり前か)

さて、それ以来エビ売れという言葉ができるぐらい売上に貢献するらしいエビちゃんのCM出演、その中でも大和証券のCMが特に面白い。で、最近私がツボにハマったCMがこれ。日本進出を狙うブラボー証券の面々の英語のやりとりと、ボスの呆然とする表情が秀逸の一品。

「ブラボー証券の面々2」篇(ファンドラップ)

何か、カフェで「ボク向けですか?」とエビちゃんに話しかけていたオジさんと言い、このボスと言い、また私も含め、オジさんたちの毒気を一瞬にして抜き去る何かがあるからエビ売れするんだと思う、きっと。

CMとしては、そのエビちゃんを象徴的に使い、主役にしないところが上手いと思います。
[PR]
by martano | 2008-03-03 19:48 | 社長のひとりごと


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧