「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
11月6日(火)高山広さんの一人芝居ライブ
a0051884_13592846.jpg(←画像クリックで拡大表示)
次回のライブの告知です。
今回は今までと全く違って、音楽ではありません。一人芝居です。
一人芝居を観たことのある人のほうが少ないと思います。もしかしたら、お芝居自体観たことのない人の方が多いのかもしれません。そういう私も数えるほどしか舞台は観ていませんし、なかなかそういった文化が根付いていないせいではないかと思ったりするのです。

そんな中、やっぱり我々のようなちょっとイカレた飲食店がやるしかあんめえ、と言い出したところ、そういうことならあっしが参ぇりやしょうと、意気に感じた高山さんが快諾してくれたので実現しました。

題して、『高山広のおキモチ大図鑑〜何ですと?お芝居未体験?ならばこちらからおミセに参ぇりやしょう@マルターノ藤が丘店』

内容はヒトや動物、モノ、概念などを身一つで演じつつ、そのおキモチや機微を笑いのうちに描き出し、ご覧になる方の心の中にそっと何かを伝えて行くという笑いと感動のステージ。全て自作自演のスーパーソロパフォーマンスです。

まあ、とやかく言うより、「観なきゃわからん、観りゃわかる。木戸銭持って藤が丘店へGo!」って感じでやんすが、中毒者続出が必至と見られ、月例になるかもしれません。とは言え、第一回は見逃せませんよ。

高山広さんの一人芝居
「おキモチ大図鑑」@マルターノ
日 時:2007年11月6日 18時開場 20時開演
会 場:マルターノ藤が丘店
料 金:お一人様2,500円
出 演:高山 広
ご注意:当日は店内禁煙です。
ご予約:お電話、メール、店頭にて
[PR]
by martano | 2007-09-30 14:00 | ライブ告知
地味にホームページ更新
ホームページを地味に更新して一旦アップしました。
あまり大掛かりになるといつまで経っても更新できないので、とりあえず現在の状況をきちんと反映することに重点を置き、放ったらかしの間に起きた出来事をキャッチアップする形での更新です。デザインも変わっていないので、あんまり変わってないじゃんと言われそうですが、よく見ると写真をストーリーに合わせて入れ替えたり、ここまでの流れを写真で見られるようにしたりと、地味ながらもツボは押さえたかと。

まだ若干作業が残っていますが、とりあえず一旦これでアップし、後は閑を見つけて作業したいと思います。
[PR]
by martano | 2007-09-29 00:17 | マルターノ新着情報
Googleがもたらしたもの
すみません、以前Googleがもたらすものというポストで書いた挑戦者募集、というか誰もそんな閑な人はいないと思いますが、どんな偶然で私がそれを見つけたかについてまだ書いていませんでしたね。つなぎネタですが書きます。

まず、何を何故探していたかなのですが、きっかけはひょんなことからでした。実は8月のLive Mではミュージックチャージを後でまとめて精算していたのですが、席のご案内がスムーズにいかなかったのと、お会計に時間がかかったり精算漏れがあったりした結果、9月のライブの際では様々な改良が試みられました。具体的に言うと、ハンディターミナルの導入と、チケットの作成です。ハンディターミナルは、実はオープンの時に購入したもので、調理指示などを細かく出せないなどの理由からオープン前日になって導入を中止し、それ以来1年近くタンスの肥やしになっていたのです(実際にはタンスではなく、ソファー席の下にしまわれていましたが)。それがようやく日の目を見て、10月のライブでは大分改善が見られました。

さて、本題に関係あるのはチケットの作成の方です。これはその都度アーティスト毎に違うデザインのものを作成するより、ブルーノート東京のように決まったチケットデザインを作り、それを定着させようと考えました。ですから、何らかのコンセプトのようなものを刷り込もうとしたわけです。そこでできたのが、大きく「Support for Live Music」と書いた下に五線譜を入れたデザインだったのです。

あくまでもデザインなので、普通に考えたら五線譜は5本の線と適当な音符があれば十分なのでしょうが、そこはどうしてもこだわってしまう性分で、やはり何か意味のある音でなければならないと思ってしまったわけです。となると、やはりあれです。そう、CHICの「Good Times」のあの有名なベースラインしかありません。

というわけで、「Good Times」のベースラインを探し出したわけです。もし私が音から音符を書ければこんなことは必要ないのでしょうが、それができない私はググるしかないのです。困ったらとにかくググる大西です。(ビビる大木ではなく)

捜索には約1時間を要しました。いくら楽譜とGood Timesで検索したところで、実際の楽譜は出て来ませんし、せいぜいGood Timesのバンドスコアのある本が見つかるぐらいで、そのものを今すぐ見ることはできなかったのです。当然日本語サイトだけではなく、より確率の高い英語でも検索しましたが、それでも見つかりませんでした。

実はほとんどあきらめかけたのです。もう無理かも、と思いながらYouTubeで昔のCHICのライブの映像などを見て完全逃避モードに入った時、全く思いもかけない形で見つかったのです。

YouTubeはご存知のように、実に様々な映像が集まっています。それこそ、CHICのGood Timesで検索しても、そのものの画像から、ただ単に素人さんがその音源を使って作った映像やら、キーワードにヒットすればそれこそどんなものでも引っかかります。その中で、さすがに世の中にはこれが音楽史上最もクールなベースラインと考えている人も多いのか、正にこのベースラインだけを素人が演奏している映像もたくさん見つかったのです。それらを単なる興味で見ていた私は、もはや譜面を探す事を諦めていたというのが正直なところです。だって、動画の中から譜面が見つかるとは思っていませんから。

ところが、それが見つかったのです。全くの偶然で、本当に運が良かっただけなのですが、それにしても自分でも驚いています。何かの力が働いたのか、本当に何気ないクリックで表示された映像がこれです。

まさかこんな形で見つかるとは、ね。

で、マルターノ藤が丘店のライブのチケットには、このGood Timesのベースラインが記されています。それがわかるのは、このブログまたは譜面を読む人のみ。ま、そんなわけです。

次のライブの予定は近日発表します。

それまでは、CHICのGood Timesでお楽しみください。
バーナード・エドワーズがベースを弾いている貴重な映像です。
[PR]
by martano | 2007-09-23 15:47 | 社長のひとりごと
鋭意作成中^^;)
すみません、言い訳投稿です。
長らく(本当に長らく)、放ったらかしだったホームページ更新についに手をつけました。何しろ一年以上も放ったらかしで、ホームページ上では藤が丘店もオープンしていませんでしたもので。本当に申し訳ありません。ひどい話です。

私がサボっている間に起きた出来事を進化論にまとめたり、マルターノストーリーのVol.2を書き始めたりしているうちにメニュー変更時期と重なり、こちらのデザインもしているうちに1週間以上経ってしまいました。

そんなわけでブログも更新できず、ホームページのリニューアルもまだアップできず、端から見たらまた忙しさにかまけてサボっているとしか思えないので、言い訳とブログ更新を兼ねての投稿です。すみません、今週末ぐらいにはアップできると思いますので、もう少々お待ちください。
[PR]
by martano | 2007-09-19 14:39 | 社長のひとりごと
Googleがもたらすもの
私が初めてGoogleという検索エンジンを使ったのは、確か99年か2000年頃だったと思います。まだ日本法人もできていなかった頃で、当時つき合いのあった知人から教えてもらったのです。彼はWebに関わる仕事をしていて、アメリカにも行く機会があり、その時にその筋の人々の間で話題になっていた検索エンジンを教えてくれたのです。彼は確かこう言いました。

「Google、使った?」

知らないと私が言うと、

「使ってみて、凄いから。」

とだけ言って、それ以上は詳しく説明しなかったのです。
試しに使ってみた私は、彼の言う意味がすぐにわかりました。その日以来、Google以外で検索することはありません。欲しい情報が必ず見つかるのです。それも我々プロが欲しがるような本物の情報が。それはそれは衝撃的な出来事でした。

そしてさらに使い込むうちに、私は不思議なことに気がつきました。どうやら、欲しい情報に短時間に辿り着く、ちょっと説明不可能な力を身につけたようなのです。何がどうなってそうなっているのか私にもわかりません。また、そんなことを信じない人がいても当然です。単にキーワードの入れ方が上手いだけだよ、と言われるかもしれません。でもどうもそれだけでは説明のつかない、どちらかというと運が良いとしか言えないようなことも多いのです。

例えばこんなことがあります。あ、ちなみに、もしかしたら私の思い過ごしかも知れませんから、挑戦者を募集しますね。何かと言うと、実は最近、とある理由で、CHICのGood Timesの有名なベースラインの楽譜が見たかったのですが、音から譜面を作る能力がないので、Googleで検索して見つけたのです。同じことにどなたか挑戦してみてください。私はこれを1時間弱で見つけましたが、はっきり言って、運が良かっただけです(どう運が良かったかは、後日説明しますね)。でも、そこが不思議なところで、どうやらGoogleには運を引き寄せる力があるようなのです。

またはこういう言い方もできるかもしれません。
Googleが作り出す世界は、偶然を起こしやすい世界だ、と。一昔前だったら、偶然の出会いは町中でしか起きませんでした。物理的に人間が動かなければ、偶然に人や情報と出会うこともなかったのです。もし神が、偶然のいたずらを施そうとしたら、まずその尻の重たい人を何時間も電車に乗せて移動させるところから始めなければならないかも。それでも電車で会えればいい方です。例えば地球の裏側の人に偶然出会うには、相当のお膳立てが必要でしょう。ところが、Googleの世界では、ちょっとした検索キーワード次第でその偶然を作り出すことができるのです。最近神様がGoogleに入り浸っている理由がわかる気がします。楽ですもの(笑)。

まあ、冗談はさておき、このGoogleの作り出す世界というのは、別の意味でも面白い現象を引き起こしています。ここら辺については、すでにWeb2.0などという言葉で言い古されてきたことなのですが、情報のヒエラルキーがひっくり返るのです。すなわち、従来は誰が情報を発信するかというのが重要でした。大手メディアか有名人が偉かったのです。彼らの情報がメインストリームに乗り、主要な情報になっていたわけです。ところが、Googleの検索結果で上位に表示されるには(そのアルゴリズムは非公開なので憶測ですが)、情報の鮮度や他からのリンクの数が重要視されるようなのです。つまり、こういうことです。

「頻繁に面白い情報を発信しているヤツが一番偉い」

大手メディアや有名人が情報の主要な発信者で、その他多勢は情報の受信者という図式が崩れ、面白い情報を頻繁に発信している個人が情報上位にのし上がることが可能なのです。

ここで思い浮かぶのは、やはりGoogleの偶然で知り合った吉岡正晴さんのホームページです。吉岡さんは晴れの日も雨の日も、きっとこんな大荒れの台風の日にも、ほとんど毎日欠かさずにブログの更新をしています。彼こそ正にWeb2.0の体現者。だからこそ人も情報も集まって来るのではないかと思う今日この頃です。
[PR]
by martano | 2007-09-07 04:33 | 社長のひとりごと
マルターノストーリーvol.2〜2005年末、序章
 その場所は田園都市線藤が丘駅前、金網に囲われながら全く気配を消すかのようにひっそりと存在していた。ロータリーに面した土地で普通なら目立つはずの場所だが、後ろの病院から丘陵上に続く原っぱはとても自然に病院と対をなして見え、そこに数年前にはビルが立っていたとは思えないほど景色に溶け込んでいた。人の記憶はひどく曖昧で、簡単に新しい記憶に更新される。そう、この男、オオニシが2年前にオープンした江田のマルターノのある場所がかつて駐車場だったことも、そしてマルターノ藤が丘店がオープンするこの場所が原っぱだったことも、直に人々の記憶の彼方に消え去るに違いない。

 マルターノが江田にオープンしてから1年半ほどが経った。実はこの場所にマルターノの二号店がオープンすることは早い段階から決まっていた。オープン当初から店舗展開を決めていたオオニシは、すぐに借地契約をしている東急電鉄の担当者に次の物件の紹介を依頼していた。そこへたまたま計画中だった病院のテナント物件建築計画を紹介され、その立地を見て彼は出店を即決したのだ。オープン後間もない出店計画だったが、オオニシにとっては非常に魅力的な条件に思えた。ところが実際には事はそう簡単に進まなかった。

 まずオオニシを一番悩ませたのは建築計画の細部が決まるまで時間がかかったことだ。まだ計画段階だったため、あらゆることに変更の余地を残しながら、しかもゆっくりと進んで行く。建築主が病院という大きな組織であるせいなのか、意志決定にかなりの時間がかかる。そのうちに条件も次第に変わって行った。特に一番大きな変更は、元々平屋建ての一階部分と聞いていた条件が、下にコンビニが欲しいからという理由で、いつの間にか二階建ての二階部分という条件に変わったことだ。これにはさすがにオオニシも一時出店を考え直さざるを得なかった。

 それでも諦めずに出店計画を続行した理由は、正しい判断をすることよりも走り続けることを優先させた、と言えばよいのだろうか。その都度正しい判断をしようとすることは大事だし、そうしなければいけないのも確かだろう。しかしそれが正しい判断かどうかわからないことは多いし、やってみなければわからないことも多い。だからとりあえず走り続けさえすれば、躓いても転んでも何とかヨタヨタと修正しながらも前に進める、そんなヨタヨタぶりに妙な自信を持っていたからなのかもしれない。

 結局オオニシは、ある条件を病院に出し、それが受け入れられたら計画続行という腹づもりで臨むことにした。その条件とは、二階へ通じる階段の他に、バリアフリーのスロープを設置することだ。何しろ相手は病院だ。病院がオーナーである建物がバリアフリーでなくてどうする?という論法で押し切る作戦だった。結果的にこれは上手く行き、めでたくスロープがつくことになったのだが、さすがにそこまで言った以上、店にもきちんとバリアフリーのトイレを設置せざるを得なくなり、コスト的には痛し痒しの結果となった。

 最終的に全ての条件が整い、工事計画もきちんと決まった頃には2006年も明けようとしていた。新しい店のコンセプトは「周辺のお客様の生活を豊かにする店」。そのための仕掛けを数々施しながら2006年9月のオープンを目指し、マルターノ藤が丘店の出店計画は次第に形を現して行った。その中で、江田店でも最もシンボリックな存在としての壁画、新しい藤が丘店でもやはり最もシンボリックな存在として、その壁は存在しなければならない。そこに描かれる人物。それはもはや彼らしかあり得なかった。

そう、全ての始まりのきっかけを作った、ナイル・ロジャース&CHIC。
彼らを壁に描くこと、それは彫師に入れ墨を彫らせるようなもの。
消せない決意表明。

そしてそれはまだ序章に過ぎない。
[PR]
by martano | 2007-09-06 03:13 | マルターノストーリー
9/7(金)ライブ告知〜春日クリスティ宏美ライブ@マルターノ
a0051884_2155090.jpg
残りあと僅かです
ライブ当日までこの記事がトップ、
最新記事はこの下に表示されます。


マルターノ藤が丘ライブ第二弾が決定しました。名付けて「春日クリスティ宏美ライブ@マルターノ」。

春日クリスティ宏美さんはニューヨークで活躍中のジャズピアニストで、5月にもブルーノ−トNYに出演しています。今回は3月にリリースしたミニアルバム「Sophisticated Lady」を引っ下げての日本凱旋ツアーということで、ジャズトリオによるライブを予定しています。どんなプレイをするか、下記URLで聴くことができるのですが、どうです?ホンマモンでしょ?(In Your Own Sweet Wayが私は好き)

春日クリスティ宏美

詳細は以下の通り。


春日クリスティ宏美ライブ @ Martano Fujigaoka
2007年9月7日(金)午後6時開場 午後7時開演
※当日は二部構成ですが、内容は異なりますので入れ替えはありません。
出演 春日クリスティ宏美(p) 加藤真一(b) 池長一美(ds)
場所 ピッツェリア・バール・マルターノ藤が丘店
料金 店内お一人様3,500円
予約 TEL 045-973-5844 E-mail info@martano.jp または店頭にて承ります。
※お席は予約の段階で決めさせていただきますが、当日7時までにご来店されない場合、一旦キャンセルとなり、ご来店のお客様を優先的にお席にご案内する場合がございます。
お願い 当日は18歳未満の方のご入場をお断りさせていただきます。写真、ビデオ撮影、録音はご遠慮ください。席に限りがあるため、ご相席をお願いすることがございます。あらかじめご了承ください。
[PR]
by martano | 2007-09-01 01:34 | マルターノ新着情報


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧