<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
King of Soul
クリスマスの日に届いたジェームズ・ブラウン死去のニュースには本当に驚きました。
若いマルターノスタッフの中には知らないという人もいるかも知れませんが、映画「ゲロッパ」で彼のそっくりさんが出ていたと言えばわかるかもしれません。曲は絶対に聴いた事があるはずです。藤が丘店で流れるCDの中にもありますもの。当日まで流れていた5枚のクリスマスCDの1枚目の第1曲、「メェーリィ クリスマス、ベェーイベェ!」と叫んでいるアレです。

私がとやかく書いても仕方ないので、ここは音楽評論家の吉岡さんのブログを紹介します。

吉岡さんのブログ

His Soul Sings Forever.
[PR]
by martano | 2006-12-27 10:07 | 社長のひとりごと
年末年始の営業
年末年始の営業のお知らせです。
江田店、藤が丘店とも年内は12月30日のランチまでの営業で、午後2時ラストオーダー、3時閉店とさせていただきます。

年明けは両店とも1月4日より通常営業です。

今年も残りあとわずかですが、ご来店をお待ちしております。
[PR]
by martano | 2006-12-27 08:37 | マルターノ新着情報
代打、オレ
少し前の話題ですが、ヤクルトの古田選手の年俸が4分の1にダウンという話題がありましたね。2億4千万円が6000万円にというスケールが大きすぎて全く縁のない話なのですが、一つだけ身につまされる話が...。

それは「代打、オレ」。
古田選手兼監督と同じようにプレーイングマネージャーの私は、このところマネージメントに、現場にと引っ張りダコの奴ダコなのでございます。何せ人が足りないもので、仕方なしに連日「代打、オレ」状態なのです。

私も「出場機会が減ったので年俸6000万円にダウンね」、と言われてみたいものでございます。今日も明日も江田のランチで「代打、オレ」です。というか、これって予告先発か?せっかくなので私のピッツァをお召し上がりになりたい方は是非。
[PR]
by martano | 2006-12-25 20:18 | 社長のひとりごと
サンタクロースはいるの?
ご存知の方も多いと思いますが、これは1897年にニューヨークサンに載った有名なコラムです。当時8才のヴァージニア・オハンロンちゃんが、サン紙のエディターに向けた質問に対し、当時の編集者のフランシス・チャーチ氏が書いたというもので、その後廃刊するまで毎年クリスマスに掲載されていたそうです。今さらですが、ぐるなびのメール配信と連動する形で日本語訳を掲載します。原文を読みたい方はググッて下さい。

----------------------
編集者さま、

わたしは8才です。わたしと同じぐらいの友だちの何人かはサンタクロースなんかいないって言います。パパに聞いたら、「ニューヨークサン紙が言うことなら確かだよ」って言います。だから本当のことを教えてください。サンタクロースはいるのですか?

ヴァージニア・オハンロン 西95番街115番地
----------------------


ヴァージニア、君の小さなお友だちは間違っているよ。きっとその年代特有の疑い深さがそうさせたんだね。たぶん目に見えないものは信じないんだろう。その狭い心の中で理解できるもの以外、存在しないと思っているに違いない。でもね、ヴァージニア、これは大人も子どもも同じなんだけど、みんな大して広い心を持っているわけじゃないんだ。人間なんてこの広い宇宙の中ではちっぽけな虫、蟻みたいなもので、この世の全ての真実や知識をものにするような知性にはまだまだ遠く及ばない。

答えはイエスだ、ヴァージニア。サンタクロースはいるよ。この世に愛や優しさや献身が存在するのと同じように、彼も存在する。そしてそれら全てと同じように私たちの人生に最高の素晴らしさと喜びを与えてくれる。サンタクロースがこの世にいなかったらどんなに寂しいことだろう。ヴァージニア、君みたいな子がいなくなるのと同じぐらい寂しいよ。そうしたらサンタクロースを信じる子どもらしい心や詩の数々、夢物語も存在しなくなるんだから。目に見えるものや触れられるものでしか楽しめない世の中だ。世界を満たす子どもらしい心が放つ光が消えてしまう。

なんとまあ、サンタクロースを信じないなんて!それじゃ、妖精も信じないつもりかい?クリスマスイヴの晩にサンタクロースを捕まえるために、パパに頼んで煙突の見張りを雇ってもらう?でももしそれでサンタクロースが見つからなくても、何の証明になるんだい?サンタクロースは誰にも見えないよ。でもそれはサンタクロースがいない、ってことじゃない。この世で最も大切な真実は目に見えないんだ。大人の目にも、子どもの目にもね。芝生の上で妖精が踊っているのを見たことがあるかい?もちろんないよね。でもそれが妖精がいないって証明にはならない。むしろ誰も見たことのない、または見ることのできない不思議なことを、全部頭で想像できるほど想像力豊かな人は一人もいないってことさ。

赤ちゃんのガラガラを分解すれば音の鳴る仕組みは見ることができるよね。でもそこにある真実のベールは、最強の男ですら、または最強の男達が束になったところで力ずくで破ることはできないんだ。ただ信じる心、詩や愛、夢物語だけがそのベールを押しのけ、その先の素晴らしい真実に触れることができる。真実?ああ、ヴァージニア、この世でこれほど真実で変わらないものはないんだ。

サンタクロースがいないって?!とんでもない!彼はいるよ、これからもずっとね。千年後も、いやヴァージニア、その十倍の一万年後も、ずっと子どもたちの心に喜びを与え続けるのさ。

(対訳:大西恒樹/無断転載はご遠慮下さい)
[PR]
by martano | 2006-12-14 23:59 | 社長のひとりごと
クリスマスメニュー
a0051884_022257.jpg遅ればせながらクリスマスコースをお知らせいたします。今年は藤が丘店と江田店で随分内容が違います。江田店は例年通りピッツァとパスタを選んでいただく形になりますが、藤が丘店は敢えてピッツァをコースから外し、色々召し上がっていただけるように構成しました。ピッツァ一枚食べるとお腹が一杯になってしまいますからね。さて、ではそれぞれのコースをご紹介します。ちなみに写真は藤が丘店のコース内容のものです。


まず江田店から。
◆クリスマスディナーコース(お一人様4,500円/2名様より/要予約)
◎冷前菜の盛り合わせ
   蟹とアボカドのムース フルーツトマトと共に
   自家製の合鴨スモークとポロネギのマリネ
   鮮魚のカルパッチョ サラダ仕立て
◎三種キノコのスープ
◎温菜の盛り合わせ
   万願寺唐辛子の海老しんじょ ピリ辛バルサミコソース
   湯葉とチーズのキッシュ ビーツソース
◎パスタまたはピッツア
   スパゲティ ペスカトーレ ビアンカ
   お好みのピッツァ
◎肉または魚
   牛フィレ肉のグリル フォアグラのせ マルサラソース
   金目鯛のポワレ 冬野菜としじみのブロードで
◎苺のムースとフロマージュブランのサパン・ドゥ・ノエル
◎コーヒー、紅茶、エスプレッソ、カプチーノ

次は藤が丘店

◆クリスマスディナーコース(お一人様5,800円/2名様より/要予約)
◎ウニとカリフラワーのブルーテ
◎オマール海老のマリネ トマトオレガノソース
◎温かいコンソメスープ シェリー酒の香り
◎パスタ(以下から一品チョイス)
 焼トマトのスパゲティペスカトーレ ベルモット風味
 イベリコ豚と野菜のペペロンチーノ 軽いジェノベーゼソース
 生ポルチーニ茸のフォンドヴォークリームソース
◎牛フィレ肉のソテー マッシュルームソース
◎苺のムースとフロマージュブランのサパン・ドゥ・ノエル
◎コーヒー、紅茶、エスプレッソ、カプチーノ

以上です。ご予約お待ちしております。
[PR]
by martano | 2006-12-14 00:38 | マルターノ新着情報
クリスマスCD到着
例によって音楽評論家の吉岡さんに作ってもらっている新作CDが5枚、届きました。
今回は全てクリスマスソングばかり約5時間分、全76曲!
よくもまあこんなに集めて下さいました。吉岡さん、ありがとォーっ!

とりあえずどんな曲が入っているか知っておかなければ、という物凄く無理矢理な社長特権濫用でまずは一通り私が聴きます。(この前、その話をしたら、「すぐに店に持って行かなきゃダメですよー」とJinさんに教育的指導を受けました。ごもっともでございます、ハイ。)

ちょうどマライヤ・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」が流れたところで、ふとあることを思い出しました。確かこの曲は彼女のクリスマスアルバムか何かに入っていて、日本でもドラマに使われて大ヒットしたのですが、その時の逸話としてこんな話をどこかで聞いた気がします。

それはマライアのワガママぶりを伝える話として、このクリスマスアルバムを収録するにあたって、スタジオ中をクリスマス一色に装飾するように言ったとか言わないとか、というような話だったと思います。

実はその時も思ったのですが、そして今もそれは変わらないのですが、それはむしろワガママところか、プロとして素晴らしいと思うのです。そんなことにお金と時間をかけて、と思うかもしれませんが、物を作る、特に人が人に何かを伝える物を作るというという仕事は、効率なんかとは無縁の仕事だと思うのです。だから、クリスマスアルバムを収録するにあたり、スタジオ中をクリスマス一色にするなんてことは当たり前の話で、マライヤにはそれこそ雪が降らなきゃ歌わないぐらいのことを言ってもらいたいです。いわゆる、雪待ち?、みたいな。(笑)
[PR]
by martano | 2006-12-02 11:05 | マルターノ新着情報


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧