<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
6月29日
先日、身近に「他人の心に何かを残し続けた」人がいた、と書いた。私の母方の祖父のことだ。私の父親は婿養子に入ったので、祖父が亡くなるまで同居していた。可愛い孫だった自信はないが、可愛がられていたのは確かだ。

祖父は定時制高校の教師をしていた。ただ、これは私が物心つく前の話で、私が知る祖父は刀剣の収集家で、謡曲の歌い手だった。でも、普段のそんな生活とはそぐわない感じの人が時々家にやって来ていたのはぼんやり覚えている。祖父は保護司をしていたのだ。

保護司とは犯罪や非行に走った人の更正を手助けする非常勤の国家公務員のことで、無給なので実質的にボランティアだ。もっとも、そんなことを理解するようになったのも私が随分大人になってからで、当時は何もわかっていなかった。毎年数百枚単位の年賀状が送られて来て、それが子ども心に尊敬の念を抱かせた程度だから、本当に子どもだったということだ。この数百枚単位の年賀状は、祖父が亡くなった後、何年も何年も続いた。

そして、それから更に何年も経ったある日、それが13年前の今日だ。

その日、私に初めての子である長女が生まれた。夕方4時過ぎ。外は雨だった。築地にある病院の一室で、前の晩から付き添った私はその時を分娩台の前で迎えた。ちょうどその頃、私が生まれ育った荒川区南千住の家では、そぼ降る雨の中、見知らぬ男の訪問を受けていた。

以後は応対した母親の話だ。

私から長女誕生の電話を受ける前、ちょうど生まれた頃にその男は現れたそうだ。労務者風の身なりをしたその男は、皺だらけの1万円札を3枚差し出すとこう言ったという。20年以上前、どうしても金がない時に大西先生に用立ててもらった3万円を返しに来たと。母親はそれを祖父からの出産祝いと言って私に渡した。私はそれを今もそのまま取ってある。

何故その男が20年以上経ってから、急にそれを返しに来る気になったかはわからない。ただわかるのは、祖父がその男の中で20年以上生き続けていたということだ。きっと、亡くなってから何年も年賀状を送り続けた人々の胸の中にも生き続けたに違いない。

私が、人の心に確かに何かを残し続けた人は自分の死後も誰かの中で生き続ける、と書いたのはそういうわけだ。

現に今も、娘の誕生日が来る度に、私はそのことを思い出すのだ。
[PR]
by martano | 2006-06-29 00:23 | 社長のひとりごと
Think Different
a0051884_15473858.jpg最近前にも増して忙しくなったせいで、より仕事の効率が気になる。限られた時間で多くのことをこなさなければならないので当然なのだが、なかなか上手く行かなくてフラストレーションが溜まるのだ。

人と打ち合わせをする時間を除いては、一人で作業をしたり、一人で考え事をすることが多いのだが、この時間に実は非効率の種が潜んでいる。つまり、誰も見張っていない環境の中で、微妙にサボることも可能だし、時には気絶して鼻ちょうちんを垂らしていることもある。また、自分自身は調子良くこなしていても、思わぬ邪魔が入ったりもする。電話やメール、特にメールが曲者だ。私の場合、大抵の仕事依頼はメールで来る。常時ネットにつながった環境では常に口を開けて仕事を待っているようなものだ。いや、どちらかと言うと、油断をすると常に口の中に仕事を突っ込まれる状況で、その確率は、口を開けて鼻ちょうちんを垂らしている間に蠅が口に飛び込む確率よりかなり高い。

そこで私が編み出した対抗策が、パソコンを持って仕事場を外に移す方法だ。実は数年前から自分のメインのパソコンはノートブックに変えている。私のパソコンは常時ネットに接続し、サーバーの監視プロセスが動いているため電源を切らない。切れたら困るのだ。だから、万が一の停電の場合でもしばらくは問題なく動くようにノートに変えた。(バッテリーで動くノートは無停電装置がついているようなものだから)それが今になって意外な形で恩恵を持たらした格好だ。

外で仕事をする一番のメリットは、まずネットに繋がっていないので余計な邪魔が入らないということ。それからこれも重要(?)だが、居眠りの心配がないということ。さすがに周りを気にしない私でも、公衆の面前で鼻ちょうちんを垂らしているわけにはいかない。あと、適度なざわつきも返って集中するのに適しているようだ。そんなこんなで、実はこの文章も家の近くの某所でコーヒーを飲みながら書いている。この写真のような感じ。(どこだかわかる?)

さて、実は目の前にもノートパソコンを横目に食事をしている女性がいる。ノートはIBM製でシリアル番号入りの黄色いシールを貼ってあるから、恐らく会社の備品だ。お仕事お疲れ様。対する私のパソコンは写真にもある通り、Macintoshだ。

確か1984年のスーパーボウルで一度だけ放送されたアップル社の伝説的なCMがある。それはMacintoshによって人々がIBM帝国から自由を獲得するという内容だったと思うが、それ自体は(見ていたはずだが)全く覚えていない。その後のマーケティングの本などで最もインパクトのあったCMとして論じられているのを読んだだけだ。

スタンレー・キューブリックの映画「2001年宇宙の旅」に出てくる、反乱を起こすコンピューターの名前「HAL」が「IBM」を一文字ずつズラして作った名前だというのも有名な話だ。

そんなことを思い出しながらこれを書いていたら、何だか少し気分がよくなった。私はどこかのカフェで、このMacintoshを立ち上げる度に自由を感じるのだ。
[PR]
by martano | 2006-06-27 15:53 | 社長のひとりごと
夏メニュー
a0051884_23531515.jpg

今回も結構時間がかかってしまいましたが、明日から夏メニューをスタートします。夏らしく冷たいメニューを増やし、暑い中でもさっぱりと召し上がっていただけるよう工夫したものが多いと思います。よくいらしていただいている方も、しばらくいらしてない方も、全くいらしたことのない方も、ご来店をお待ちしております。
[PR]
by martano | 2006-06-25 23:55 | マルターノ新着情報
工事進捗状況
マルターノ進化論と内容がダブりますが、現在の新店舗工事進捗状況をお知らせします。

a0051884_018666.jpgまずここがマルターノ第二章の始まりの地、田園都市線藤が丘駅。乗降者数、一日2万6千人。江田駅の3万4千人より少ないのに、歩いている人が多く感じるのは、江田駅が246を挟んで利用者を分断しているのに対し、藤が丘は病院側に利用者が集中するからかも知れません。いずれにしても、勝負の地としては申し分ありません。

a0051884_020128.jpgそして改札を出てすぐ右側を見ると、現在工事中のこの建物。これが次のマルターノができる場所です。今はシートに覆われてよくわかりませんが、この2階建ての2階部分が全てマルターノ専有部分です。席数は店内59席、テラス32席の予定。店内にはまたフィリップさんの壁画が入ります。原画を見ましたがこれがまた凄い。楽しみです。
[PR]
by martano | 2006-06-20 00:26 | マルターノ新着情報
スタッフ募集中
今、複数の求人雑誌に募集を出しています。8月にオープンする新店のオープニングスタッフ募集です。募集職種はキッチン、バリスタ、ホール、ピッツァ、パティシエと多岐に渡り、15人ぐらい採用の予定です。ホント、優秀な人材に来て欲しいです。マルターノはスタッフが全てです。この場を借りて(って誰から?)お願いします。これを読んでいるそこの素晴らしいあなた、是非来てください。委細相談。

ところで、こんなに真剣な私たちをしばしば脱力させてくれるのは、募集掲載と同時に始まった営業電話攻勢です。スタッフによると、あらゆるものを売りつけようと電話がかかってくるそうです。お金も高金利で(笑)貸してくれるそうです。ありがたやー。

いや、わかるけどね、やろうとしていることは。って言うか、わかりやす過ぎるだろ、いくらなんでも!ワシはそんな安易な営業を平気でするヤツは好かん。中でも極めつけは求人広告の営業。そりゃ、そーさ、求人広告出してんだから、募集してるに決まってるじゃん。あろうことか、その営業はこう言ったそうです。「○○○○○社の広告で人は結構集まってますか?」

それって、他のレストランに乗り込んで行って、食事している客に向かって「それ、おいしいですか?」と聞いて連れ去ろうとしているのと同じじゃない?

私の目の前で電話を取り、答えに窮したスタッフは私に聞きました。「こんなことを言っているんですけど、どうしましょうか?」私は言いました。「店の周りを3周行列するほど集まっている、と言ってやれ」 スタッフ「え、言えませんよ、そんなこと」 私「じゃ4周だ」 スタッフ「いや、そうじゃなくて」 

さすがに我がマルターノのスタッフはよくできています。社長の言葉を見事に翻訳してこう言いました。「まあ、まだボチボチですが、出たばかりなのでこれからだと思います。」それから先方の「何かありましたらよろしくお願いします」的な言葉まできちんと聞いて電話を切ったのでした。素晴らしい。親がだらしないと子どもがちゃんとする、ってホントだわ。
[PR]
by martano | 2006-06-14 20:28 | 社長のひとりごと
新店予告
a0051884_004753.gif4月から発売したリローダブルカード。通常版の他に裏カードがあるとは以前にも申し上げた通り。これがその裏カードの正体です。デザインは何の事はない、リローダブルなので、マルターノ・リローデッドとしてあの映画をパロッたデザインにしています。こんなもののデザインに私、2日ぐらいかけています。忙しいと言いながら、何やってんだか(笑)。

さて、このカードにはもう一つ特徴があります。それは発行当時未発表だった新店の予告が埋め込まれているのです。お持ちの方はもうご存知ですね。右上のところに「Next Martano @ フ□△×○」と書いてあります。はい、お陰様でマルターノ第二章の始まりです。オープン日が決まりましたらまたお知らせします。お楽しみに。
[PR]
by martano | 2006-06-10 00:18 | トリビアル・マルターノ
消費され続けるアイコン
日本野球会議の長船編成委員長という人が「長嶋氏を北京五輪代表監督に」と言ったという。アテネ五輪直前に倒れた長嶋氏に、である。

信じられない。

「元に戻ったら反対する委員はいないだろう」とも言っている。元に戻ったとしても、私が家族だったら絶対に反対する。(多分息子の一茂氏はそうすると思う) もう十分日本野球界に尽くした人に、そんなリスクを背負わせられるだろうか?

何故これほどまでに長嶋氏を消費し続けねばならないのだろう?
彼が古き良き時代の象徴だからだろうか? 皆が彼を好きなのはわかる。でもそれこそ贔屓の引き倒しではないか。

前回のアテネ五輪では結局名前だけ残して、監督不在で負けた。今回も同じようなことをしようとしているとしか思えない。プロスポーツの監督って、そんなもんなのか?
[PR]
by martano | 2006-06-07 15:54 | 社長のひとりごと
おらが町自慢
a0051884_0175084.jpg


毎週恒例、川を下り海を眺める男。

先週は多摩川から羽田空港を眺め、
今週は荒川から葛西海浜公園まで。

何の気なしに決めた今日の荒川下り、実は意外なおまけが。


a0051884_0254342.jpg
今回の荒川下りはわが町荒川区南千住から日光街道を北に行き、千住新橋から川を下ったのですが、その南千住では毎年恒例のお祭りが開かれている最中でした。天王祭と言って、やまたのおろちを退治した神話で有名な素盞雄命(スサノオノミコト)を奉ってある素盞雄神社のお祭りです。私の地元なので、当然ながら私もうちの子ども達も氏子です。どうやら氏神様に呼ばれたようです。


a0051884_0435062.jpg
我らが素盞雄神社のお祭りは、神輿担ぎが勇壮で有名です。井桁に担ぎ棒が組んであるそこらへんの軟弱な神輿とはわけが違います。二天棒と言って、縦に二本しかない担ぎ棒で担ぎ、ただでさえ重く安定しないのに、この写真のように神輿振りをします。これを地元の人間は「揉む」と言います。「揉め、揉めえーっ!」と叫びながら、ブイブイ左右に振り回します。左右の真ん中にいる人が、自分の側に振られた時に、背中で支えて踏ん張るのです。言うなれば3トンを背中にヒンズースクワットの状態です。お疲れ様。


a0051884_0361921.jpg
この写真のように、頭上に差し上げて、担ぎ棒をパンパン叩いたりもします。あな恐ろし、です。

でも、これと同じことを子ども神輿でもやります。私も小学校の頃、やりました。懐かしいです。

そんなことで、今日は思わぬ偶然で楽しめました。たまには地元に帰るのもいいもんです。
[PR]
by martano | 2006-06-04 00:54 | 社長のひとりごと
(珍しく)反省
つい最近、あるきっかけで自分の履歴書を書いてみました。就職活動以来、実に20年振りのことです。そこには確かに20年分の職歴が加わっていますが、それ以外は基本的に何も変わっていません。名前も生年月日も学歴も、詐称でもしなければ何年経っても変わりませんし、そうそう資格が増えるわけでもありません。書き上げられた私は実に薄っぺらで散漫な人でした(笑)。外国為替ディーラーを辞めて、インターネット関連のちっぽけな会社を起こし、さらに飲食店経営へ、などという職歴はまるで下手な鉄砲を撃ち続けている懲りない人みたいです。

実際、これを持って就職活動をしなくて済むことにホッとしました。だって、これで就職活動していたら、とうとう下手な鉄砲は一発も当たりませんでした、って言っているのと同じですから。男42才、再就職はちょっと絶望的です。

まあそれは仕方ないですし、今のところその必要もないのでいいのですが、今さらながら一つ大事なことを思い出しました。それは、「自分の価値というものは、人が決めるんだ」ということです。

もちろん自分の価値を高めようと努力することはできますし、必要なことだと思います。それが恐らく、履歴書に書かれるようなことだったり、書かれないまでも独りでできる地道な努力ということです。

でも結局は、他人に対して何をするか、他人の心に何を残すか、ということが自分の価値を決めるんだと思います。それは日々の他人との関わり合いにおいて少しずつ積み上げられ、それで現れるのが等身大の自分だってことです。自分が自分のことを一番よくわかっているというのは、永遠の大きな勘違いなのかも。

だから、人が生きるということは、「他人に関わる」と言うことなのかも知れません。極端な話、他人と関わらないということは、生きないということに近いんだと思います。その時確かに自分は生きて存在しても、死んだ後には誰も覚えていないことになりますから。

例えて言うなら、どんなに偉大な知識や才能も他人に何も残さなければ初めからないのと同じ、どんなに鍛練を重ねた武術家も、生涯誰とも戦わなければどれだけ強いかもわからない、そんなようなことです。

逆に、他人の心に確かに何かを残し続けた人というのは、自分の死後も誰かの中で生き続けるんだと思うんです。とかく「自分がいかにあるべきか」に片寄りがちな自分自身の生き方を反省しながらそんなことを思ったのは、実は身近に「他人の心に何かを残し続けた」人がいたからです。

私の祖父がそんな人でした。

その話はまたいずれ、6月の終わり頃に書かせていただきます。(続く)
[PR]
by martano | 2006-06-02 21:49 | 社長のひとりごと


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧