「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
御愛顧に感謝
今年マルターノに足をお運び頂いた皆様、本当にありがとうございます。
本日で今年の営業は全て終了いたしました。

来年の営業は1月5日からです。またお目にかかれるのを楽しみにしております。

では、皆様、病気、怪我などなされぬよう、よいお年をお迎えください。
[PR]
by martano | 2005-12-31 00:20 | マルターノ新着情報
物語の背景にあるもう一つのリアルストーリー
マルターノストーリーを読んで下さった方は、これはどこまで本当の話なのだろうと思われるかも知れません。実は、このストーリーの中で唯一フィクションなのが、マルターノ氏なのです。(ちなみに、アメリカにゴッドファーザーズピッツァというチェーンは実在しますが、ストーリーの中に登場するピッツァチェーンとは何ら関係ありません。)

なあんだ、と思われるかも知れませんね。一番肝心なところがフィクションじゃないか、と。

でも、ちょっと待ってください。実はこのストーリーの一番肝心な部分は、”まだ始まっていない”のです。いえ、正確に言いましょう。”まだ始まれるかどうかもわからない”のです。

2005年末現在、このマルターノストーリーは第一幕まで、つまり、マルターノオープンから1年までのストーリーが公開されています。時期的には、今から数カ月前の話です。その中でマルターノ氏は店のロゴにもなっていますし、重要なキャラクターですが、これはあくまでも物語の序章に過ぎません。

物語の本編は、これから始まります、リアルタイムで。

それはつまり、この田園都市線沿線に着実に店を増やし、最終的に大人のライブハウスを作り、そこにナイル・ロジャースを呼ぶ、という途方もない夢との格闘の物語です。

だから、現段階では、「まだ始まれるかどうかわからない」。でもそろそろ書きはじめます、第二幕を。何だか始まりそうな予感がするから。

改めて考えてみて、私が1979年、シック全盛の頃にアメリカにいたことも、2003年4月18日、バーナード・エドワーズの命日にブルーノートに行った事も偶然ではないような気がします。

私がこんなことを文字にし、公開するのは、皆さんの中にも、「もしかしたら」と思ってくれる人が出てくるかもしれない、と思ってのことです。そんなことを考えてくれる人が多ければ多いほど、実現の可能性が増すのではないかと。

そんな方々に是非読んでいただきたいリアルストーリーがあります。
吉岡正晴さんが書かれた『Soul Searchin'』という著書にあるナイル・ロジャース&バーナード・エドワーズ(シック) 〜友情という名のメロディー〜というストーリーです。(ネットで公開されているのでリンクしました)

この物語の延長線上のどこかで、マルターノストーリーが交差し、そこに『Good Times』というライブハウスが誕生することを夢見て、皆さん、しばらくおつき合いください。
[PR]
by martano | 2005-12-28 17:59 | マルターノストーリー
何かおかしい
本当のひとり言です。
昨日、日曜だったのですが、銀行のATMに行き、現金預け入れをしようとしました。
すると、手数料がかかると表示されました。

手数料は105円です。

総合口座の普通預金金利はなんと0.001%です。
例えば100万円を日曜に預けて、その手数料を金利で取り返そうとしても、10年かかるんです。

短期プライムレートって御存知ですか?
銀行が信用力のある企業に対して貸し出す一年以内の短期貸し出し金利のことです。
それが2005年末現在で大体1.375%。これはつまり、預金者から0.001%で借りて、優良企業に1.375%で貸し出せるということです。

もちろん、そんな単純ではないことは元銀行員の私は百も承知です。
この他に、銀行は、大したビジネス評価の目も持たず、土地を担保に無軌道に融資をし、巨大な不良債権を積み上げた上に、公的資金の注入を受ける仕事もしなければなりませんし、たった3万円の振込みでも210円(0.7%)、他行宛だと420(1.4%)もの手数料を徴収するという極めてデンジャラスな業務もあります。

金融業というのは、よく言われる通り、経済活動の血流です。
銀行マンは本来であれば、金融のプロであり、リスク管理のプロでなければなりません。一般の投資家や預金者などのお金を、リスク管理のプロである銀行がプロの目で融資先や投資先を選ぶから、そのプロの仕事の対価として利ザヤが存在します。その結果、必要な所にも血液が行き渡るのです。

ほとんどリスクのない手数料を法外な値段にしたまま平然としていられるのは、金融のプロとしての誇りも技量もないことを自ら認めていることになります。私は日本の銀行にも多くの優秀な人材がいることを知っています。しかし総体としての銀行は、残念ながら日本経済に巣食うパラサイト(寄生虫)です。これを変えない限り、日本経済の復活はないと確信した瞬間でした。
[PR]
by martano | 2005-12-26 13:34 | 社長のひとりごと
年末年始の営業のお知らせ
本年も間もなく終わりを告げようとしております。
皆様、今年も一年御愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

さて、年末年始の営業ですが、年末は30日まで、来年は1月5日よりの営業とさせていただきます。

皆様、年の瀬でお忙しいでしょうが、体調など崩さぬよう、御自愛くださいませ。
[PR]
by martano | 2005-12-26 12:13 | マルターノ新着情報
名札をつけ始めました
a0051884_9131396.jpgマルターノではつい最近から、スタッフが名札をつけるようになりました。お客様をおもてなしする上で必要なこととして随分前から気になっていたのですが、なかなか良いデザインが思いつかなくて延び延びになっていました。結局焦った私が慌ててデザインして作ってもらったのですが、細かい絵柄もフォントもちゃんと彫られていて一安心です。

ホームページのスタッフ紹介にあるコメントをお読みになった上で御来店いただき、名札を見て「ああ、あなたがAAPさんなのね」などという新しい楽しみ方もできるかも知れません。
[PR]
by martano | 2005-12-22 09:32 | マルターノ新着情報
タバコの絵の秘密
さて、早速、トリビアル・マルターノ、第一回の小ネタです。

皆さん、マルターノの店舗の入り口左側のタバコの絵って一体何なんだろうと思われたことはありませんか?

これは実はこういうことなんです。
a0051884_11461080.jpg

この絵は、ある角度から見ると、フェンスのマルターノ氏とつながって見えるようになっています。店内のマルターノ氏の絵は、片手にタバコを持った絵になっています。

これはつまり、普段カフェではタバコを吸いながらエスプレッソを飲むのが常だった彼が、ピッツェリア・マルターノではタバコを脇に置き、ピッツァを頬ばっているという象徴的な絵になっているんです。

誰も気がつきゃしませんよね、そんなこと(笑)
だから、トリビアなんです。
さて、何「へェ」?
[PR]
by martano | 2005-12-21 11:52 | トリビアル・マルターノ
マルターノの秘密
というか、小ネタ情報です。

トリビアというのは、”trivia”、「つまらない些末な事」という意味です。
今でこそテレビ番組のお陰で、誰にでも通じる言葉になりましたが、最初のブームは確か80年代半ば、アメリカで「トリビアル・パースート(Trivial Pursuit)」というボードゲームが流行った時だと思います。様々なジャンルのちょっとマイナーな一般知識をゲームにしたもので、一時大流行しました。日本語版もあったのですが、今は見かけませんね。やりたいのに。

ちょっと調べたのですが、1984年には、アメリカで年間2000万セットのゲームが売れたそうです。ちょうど、この前ご紹介した「三人のゴースト」という映画でも、クリスマスイブに、主人公の弟一家がこれをやっているシーンがあります。

さて、本題です。マルターノにも、実はあまり知られていないトリビアがあります。
そこで、それをトリビアル・マルターノとして、順次公開して行きたいと思います。
第一回は、「タバコの絵の秘密」(ネタ切れがちょっと心配...)
[PR]
by martano | 2005-12-21 11:41 | トリビアル・マルターノ
あー、疲れた...
ようやく少し時間が空いたので、放ったらかしになっていたホームページ関係のメンテナンスに手をつけました。

まずは、WindowsだったらIEの6以上、MacだったらNetscapeの7以上でなければ見られなかったホームページのソースをガリガリ書き換えました。Mac版のIEの開発がバグだらけの5.1で止まってしまったのが悪いのですが、Mac愛好家の私が世の中の5%にも満たないOS9ユーザーを見捨てるわけはなく、MacOS9版のIE5.1でも見られるようにしました。

それから、メニューが古いままだったのをアップデートして、ついでにPDFでメニューをダウンロードして印刷できるようにもしました。実際のメニューよりかなり文字が小さいので読み難いのですが。

最後にこのブログをマルターノのホームページからリンクして、デザイン的に全く違和感なくに見せるため、スキンに大幅に手を入れました。CSSファイルにまだよく分からない部分もあって、気に入らない部分もあるのですが、まあとりあえず今日はこんなところで。

こんなことをしても、店舗のお客様には何のメリットもない気がしますが、久々に血が騒いだと言うか、勢い余ったと言うか...。で、表題の通り、「あー、疲れた」
[PR]
by martano | 2005-12-20 04:18 | 社長のひとりごと
2005年クリスマスディナーコース
a0051884_933812.gif実は随分前から決まっていたのですが、クリスマスのディナーコースの内容をお知らせします。

☆2005年クリスマスディナーコース  お一人様3,800円(税込/二名様より)

 ・前菜の盛り合わせ  鴨のリエット
            蛸とホタテのカルパッチョ
            鶏肉のガランティーヌ
 ・スープ       カボチャのポタージュ
 ・ピッツァ      お好みのミニピッツァ
 ・パスタ       ウニとルッコラのスパゲティ
 ・肉または魚料理   有頭海老と真鯛のポワレ /
            牛フィレ肉のグリエ イチジクと赤ワインのソース
 ・ドルチェ      ズコット・ノエル
 ・お飲物       コーヒー/紅茶/エスプレッソ/カプチーノ

何か御質問があればお気軽にスタッフにお尋ねください。 TEL 045-910-5845
[PR]
by martano | 2005-12-16 09:37 | マルターノ新着情報
コットンクラブ
a0051884_20332857.jpg最近話題の丸の内TOKIAにあるコットンクラブに行きました。
1920年代にハーレムで一世を風靡したクラブをイメージした大人の遊び場ということですが、ブルーノート東京が一部出資しているという未確認情報もあり、業態はほとんど同じです。店の大きさは丁度ブルーノート東京の半分ぐらいでしょうね。収容150人ぐらいでしたから、お値段もブルーノートの2〜3割増しの感じでしょうか?

ちょうど、Kool & the Gangが来日中ということで、当日に電話をかけて飛び込みで行ってきました。ブルーノートのナイル・ロジャースの時もそうでしたけど、私ぐらいの年代は70年代から80年代のソウル物には弱いです。


a0051884_20341336.jpg全般的に楽しめたのですが、やっぱり結構贅沢な遊びですね。正直、いつもながらノリの悪い日本人客が100人ほど座っている前で(私なんかは立って踊ってましたけど)Celebrationなんかをノリノリで演っているのを観ていると、何だか金の力で呼んで、呼ばれて今夜このライブがある、という感じがして、ちょっと寂しい気もしました。

2〜300人の箱でも、是非ここで演りたいんだ、とミュージシャンに思わせるようなクラブはどうしたら生まれるのでしょうね?それこそソウル(魂)がそこにないといけないのでしょうね。

ベスト・オブ・クール&ザ・ギャング
クール&ザ・ギャング / ユニバーサルインターナショナル
ISBN : B00005R0SU
スコア選択:
[PR]
by martano | 2005-12-15 22:06


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧