カテゴリ:トリビアル・マルターノ( 6 )
カプチーノの温度
a0051884_11454055.jpg突然ですが、カプチーノのミルクの温度って、何度ぐらいだと思いますか?

紅茶の抽出には沸騰したお湯を使うと言われますので約100度、コーヒーは沸騰した状態から容器を移し、90度ぐらいのお湯で入れるといいと言います。それに対し、カプチーノのミルクの適温は60〜68度。これは世界ラテアート選手権準優勝の横山氏からの直伝です。師曰く、「その温度がきめ細かい泡を作るのに最適で、ミルクの甘みが一番感じられる温度である」

この温度の差だけでも、紅茶やコーヒーと全く違う感覚の飲み物であることがおわかりになると思います。さらにカプチーノの表面には細かい泡が乗っていますので、その分さらに口当たりは冷たく感じます。ですから、コーヒーや紅茶と同じ感覚で飲むと、カプチーノはヌルく感じて当然なのです。

師匠の横山さんも言われていました。「カプチーノがヌルいというクレームはよくある」
ただ、それに動じて私たちのカプチーノを変えることはしません。そのうちお客様もわかって下さると信じているからです。

確かに某チェーン店に行けば、エスプレッソにやたら熱くなったミルクを注ぎこみ、最後にミルクフォームを乗せただけの飲み物が出て来ます。でもあれはカプチーノではありません。ですから、カプチーノはカプチーノのまま、なるべく正しい形で提供する。そんなやり方にこだわって行きたいと思っています。
[PR]
by martano | 2006-09-21 12:33 | トリビアル・マルターノ
新店予告
a0051884_004753.gif4月から発売したリローダブルカード。通常版の他に裏カードがあるとは以前にも申し上げた通り。これがその裏カードの正体です。デザインは何の事はない、リローダブルなので、マルターノ・リローデッドとしてあの映画をパロッたデザインにしています。こんなもののデザインに私、2日ぐらいかけています。忙しいと言いながら、何やってんだか(笑)。

さて、このカードにはもう一つ特徴があります。それは発行当時未発表だった新店の予告が埋め込まれているのです。お持ちの方はもうご存知ですね。右上のところに「Next Martano @ フ□△×○」と書いてあります。はい、お陰様でマルターノ第二章の始まりです。オープン日が決まりましたらまたお知らせします。お楽しみに。
[PR]
by martano | 2006-06-10 00:18 | トリビアル・マルターノ
県庁の星
最近、インプットとアウトプットのバランスが崩れている気がするので、少しでも何かインプットしようと映画を観て来ました。「県庁の星」です。実はこの映画には、今後のマルターノの展開を象徴するものが隠れておりまして、製作段階からそれを聞いて、公開されたら必ず観ようと思っていました。織田君も好きですしね。

さて、映画はどうだったかと言えば、好きな映画でしたね。私は適度な現実離れ感と、適度なリアリティのバランスを保ちつつ、製作者が伝えたいことがちゃんと伝わる映画が好きなのですが、その意味で、何かが伝わって来ましたね。

私が受け手として感じたことは、「人は潜在的に、正しいことをしたいと願っている」ということですね。何かのきっかけさえあれば、またはそれを作り出すリーダーさえいれば、組織や社会は変わるのだと思いました。というか、そう思って行動したいです。

でも、映画に限らずどんな作品でも、受け手が何を感じるかは受け手の状態によると思いますので、あくまでも私だけの個人的な感想です。

さて、気になるのはマルターノの今後の展開を象徴する何が隠れているか、ですね。

その答えは、そうですね、「県庁の星」がビデオ化される頃にお話しできるでしょうか?

その時までは、ご想像にお任せします。
(でもちゃんと種明かしはしますからね)
[PR]
by martano | 2006-03-12 00:49 | トリビアル・マルターノ
壁画の作者とKARUTAとTDS
ところで皆さん、マルターノの壁画はどんな人が描いたか御存知ですか?
これはマルターノ進化論などでも書いているので、御存知の方も多いかも知れません。

ジャン・フィリップ・ポンスさんというフランス人のアーティストが描いてくれています。写真ではわかりにくいですが、笑顔が素敵なナイスミドル(死語?)です。

彼は87年から日本でアーティストぺインターとして活動を始め、多くの大手企業をクライアントとして仕事をしてきました。騙し絵や、テクスチャーペイント(本物の石とかレンガのようなテクスチャーを平面に描くこと)なども得意で、マルターノの壁画にあるようなシンプルなラインの絵だけではなく、宗教画みたいな写実的なものを描かせたらマジ上手(ウマ)です。

そんなフィリップさんの作品は、実は意外に近いところでも見ることができます。やはりあざみ野南にあるKARUTAには、フィリップさんが水滴を描いたテーブルが並んでいます。

それからもう一ケ所、これは私自身も未確認ですが、Tokyo Disney Seaの新しいアトラクション、『レイジング・スピリッツ』でも絵を描いているそうです。これも早く見てみたいのですが、どうもうちの子たちは絶叫系がダメみたいで、行く機会がないです。そのうちに、是非。

ちなみにマルターノの壁に描かれている文字は、オ・ソレ・ミオの歌詞です。
「私の太陽」という意味のナポリの民謡です。だから入ってすぐ右手の壁上には太陽が描かれています。ついでに言うと、厨房スタッフのかぶっている帽子には、その太陽がマークしてあります。

まあ、今回は、何ヘェというほどのこともないですかね。
ほんの些細なマルターノトリビアでした。
[PR]
by martano | 2006-01-05 21:46 | トリビアル・マルターノ
タバコの絵の秘密
さて、早速、トリビアル・マルターノ、第一回の小ネタです。

皆さん、マルターノの店舗の入り口左側のタバコの絵って一体何なんだろうと思われたことはありませんか?

これは実はこういうことなんです。
a0051884_11461080.jpg

この絵は、ある角度から見ると、フェンスのマルターノ氏とつながって見えるようになっています。店内のマルターノ氏の絵は、片手にタバコを持った絵になっています。

これはつまり、普段カフェではタバコを吸いながらエスプレッソを飲むのが常だった彼が、ピッツェリア・マルターノではタバコを脇に置き、ピッツァを頬ばっているという象徴的な絵になっているんです。

誰も気がつきゃしませんよね、そんなこと(笑)
だから、トリビアなんです。
さて、何「へェ」?
[PR]
by martano | 2005-12-21 11:52 | トリビアル・マルターノ
マルターノの秘密
というか、小ネタ情報です。

トリビアというのは、”trivia”、「つまらない些末な事」という意味です。
今でこそテレビ番組のお陰で、誰にでも通じる言葉になりましたが、最初のブームは確か80年代半ば、アメリカで「トリビアル・パースート(Trivial Pursuit)」というボードゲームが流行った時だと思います。様々なジャンルのちょっとマイナーな一般知識をゲームにしたもので、一時大流行しました。日本語版もあったのですが、今は見かけませんね。やりたいのに。

ちょっと調べたのですが、1984年には、アメリカで年間2000万セットのゲームが売れたそうです。ちょうど、この前ご紹介した「三人のゴースト」という映画でも、クリスマスイブに、主人公の弟一家がこれをやっているシーンがあります。

さて、本題です。マルターノにも、実はあまり知られていないトリビアがあります。
そこで、それをトリビアル・マルターノとして、順次公開して行きたいと思います。
第一回は、「タバコの絵の秘密」(ネタ切れがちょっと心配...)
[PR]
by martano | 2005-12-21 11:41 | トリビアル・マルターノ


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
関連リンク
カテゴリ
全体
マルターノ新着情報
社長のひとりごと
あざみ野南「エリアA]
トリビアル・マルターノ
マルターノストーリー
今週のランチメニュー
ライブ告知
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
パタゴニア
from ShopMasterのひとりごと
Funky
from ちゃりな話を
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧